前へ
次へ

キャッシュレス化が進む国スウェーデン。現金決済は全体のわずか2%!

急速にキャッシュレス化が進んでいる国、スウェーデン。なんと、国民の97%がデビットカードを持っていると言われています。カード決済が当たり前で、駐車場や公衆トイレの料金支払いまで、クレジット・デビットカードになっているのです。現金の支払いを拒否する店舗も多く、銀行でさえも現金を取り扱っていない店舗が当たり前になり、ATMの撤去も進んでいます。スウェーデンの現金決済は全体のわずか2%で、この現金の利用減少傾向は今後も加速すると予想されています。この背景には、冬季の現金輸送が困難・慢性的な人手不足・現金を狙った強盗事件が後を絶たない、などの問題があったからと言われています。これらの問題を解決するためにキャッシュレス化の取り組みがスタート!しかし、そのペースはあまり早く、全小売店の半分が2025年以降、現金を受け付けなくなると見込まれるほど。便利なキャッシュレス化ですが、その急速な変化に戸惑う人も多いようです。

Page Top